在宅医療電話相談のご案内

坂戸鶴ヶ島医師会では、地域の方々が住み慣れた地域で安心して在宅医療が受けられるよう、ご本人やそのご家族などから在宅医療・療養に関する相談窓口を平成26年10月1日より開設しております。

相談には、ケアマネジャーの資格を持つ看護師、社会福祉士が対応します。
在宅医療の連携拠点として、ケアマネジャーの皆様がご利用者の医療相談等で対応に困難を感じる際や、医療関係の方々が多職種との連携や介護福祉サービスの情報を知りたい等の際もご利用下さい。

ご相談内容によっては、管轄の地域包括支援センターや、担当部署をご案内することがあります。

SKM_C364e17092514370

 

在宅医療電話相談のご案内2020_ページ_1

 

坂鶴毛呂越生版入退院支援ルール

地域における医療と介護の一体的な提供が円滑に進められ、関係機関の顔の見える関係づくりや、切れ目のない入退院支援の体制整備を図る事を目的に、坂戸市、鶴ヶ島市、毛呂山町、越生町の4市町での共通ルールを作成しました。安心して在宅での療養生活が続けられるよう、患者さん本人・家族・医療機関・ケアマネジャー等の情報共有と連携に、本ルールを是非ご活用ください。

★各用紙につきまして、下記よりダウンロードできます★

 

【退院・入院時には】

①通院入院時あんしんセット」ちらし

【退院を考える時には】

ケアマネジャーが決まっている場合と決まっていない場合で、パターン①~③に分かれます。「坂鶴毛呂越生版退院支援ルール フローチャート」に沿ってお進み下さい。

③坂鶴毛呂越生版退院支援ルールブック フローチャート

 

④入退院支援ルール1

 

⑤入退院支援ルール2

 

⑥入退院支援ルール3

 

⑦退院調整が必要な患者の目安

 

⑧退院時情報共有シート

 

 

 

医療介護連携ネットワーク【さかつる在宅ケアネット】

image

image